需給調整市場に係る取引規程等について、下記の通り公表いたします。

※公表資料に関しては適宜見直しを行います。(改廃履歴参照)

需給調整市場に係る様式集

需給調整市場に係る申請書・申込書などの帳票については、下記の様式をご利用ください。

中央給電指令所システム改修完了が前提で参入可能なリソースについて

以下の1から3に該当するリソースを用いて需給調整市場に参入を希望される場合は,各エリアの一般送配電事業者の中央給電指令所システム(以下、中給システムという。)の改修が完了した後に当該リソースを用いた取引が可能となります。

各エリアの一般送配電事業者は、下記参入方式での需給調整市場での取引を希望される事業者さまの状況に応じて、エリアごとに1、2についての中給システムの改修に着手します。なお、中給システムの改修をする場合、システム改修期間は、各エリアの一般送配電事業者ごとに異なります。3については2022年4月を目途にシステム改修を実施します。

当該リソースを用いた取引を希望される事業者さまにつきましては、こちらよりお問い合わせください。

  1. 需要リソースを用いる場合で,専用線オンラインを用いた接続を希望するとき
  2. 属地エリアの一般送配電事業者と電源Ⅱ契約等を締結していない発電機の場合で専用線オンラインを用いた接続を希望するとき
  3. 簡易指令システムを用いて接続する発電機の場合で調整実施指令信号を出力調整指令(数値指令)により受信することを希望するとき

アセスメント不適合時の是正勧告等の実施基準および公表内容について

アセスメントにおいて取引規程に定める要件への不適合が判明した場合、本取引所としては以下の項目について総合判断を行ったうえで、当該取引会員さまに対して是正勧告等の処分を行うことがあります。また、是正勧告等の処分を行った場合、以下の内容を公表いたします。

1.是正勧告等の実施基準

項 目 判 断 内 容
 故意・過失の程度 ・ 原因等の詳細内容による判断
 再発性 ・ 過去同一事例の有無、事業者としての回数等による判断
 注意義務 ・ 公表事例を踏まえた注意有無等による判断
 行為の規模等 ・ 不足ΔkW、乖離率、連続コマ数、回数/月等による判断
 管理体制 ・ 社内管理体制等の状況による判断
 自浄作用 ・ 自発的な対策有無等による判断
 再発防止の実効性 ・ 再発防止策の内容等による判断

2.是正勧告事例の公表内容(例)

発生月 分 類 事   象 是正勧告の理由
2021.4 単独発電機 担当者の不注意により、発電計画電力を考慮せず発電上限電力にて応札したため、〇日間に亘り延べ〇kWhの不適合が発生した。 市場への影響が大きく、効果的な再発防止策も施されていないため。

お問い合わせ

需給調整市場に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします。