送配電網協議会の会長就任にあたって、ご挨拶申し上げます。

電力システム改革の第3段階として改正されました電気事業法に基づき、送配電部門の一層の中立性を確保するために、沖縄電力を除いた電力各社の送配電部門は、2020年4月に法的分離いたしました。

送配電の分野については、これまでも電気事業連合会にて、電力各社と連携し必要な対応を行ってまいりましたが、こうした環境変化を踏まえ、電気事業連合会から独立した組織とする準備を進め、2021年3月に開催いたしました設立総会を経て、2021年4月1日に、送配電網協議会は電気事業連合会から独立いたしました。

送配電網協議会としましては、電力の安全・安定供給という変わらぬ使命を果たすことはもとより、2021年4月から開始した需給調整市場も含め「より一層の中立性・透明性の確保」や、「カーボンニュートラル実現への貢献」、「災害に強いネットワークの構築」など、社会の皆さまからの送配電事業に対するご期待にしっかりとお応えしていかなければならないと考えております。

こうした取組みを実効性のあるものにするためにも、送配電網協議会は、電力ネットワークを利用いただくお客さまをはじめ、資源エネルギー庁、電力・ガス取引監視等委員会、電力広域的運営推進機関等の関係各所とも連携し、電力ネットワークを建設・保守・運用する中立的な立場から積極的に課題検討するとともに、検討結果やその対策を関係機関に提案し、必要に応じて広く世の中に情報発信するなど、皆さまのお役に立てるよう取組んで参ります。

送配電網協議会
会長 土井 義宏
(関西電力送配電株式会社 社長)

2021年4月